ドミニカ情報
Top Page Top Page Top Page Top Page Top Page Top Page Top Page
主な祭日祭り
ドミニカ共和国を旅したい方はこちらを紹介します。ドミニカツアー紹介

ドミニカ共和国日本人移住者の歴史
用語 カステジャーノ(中、南米スペイン語
通貨 ペソ/1ドル=33ペソ(2007年)
100セント=1ペソ
コイン 5センと、10セント、
25セント、50セント
1ペソ、5ペソ、10ペソ、
30ペソ
100ペソ、500ペソ、
1000ペソ、2000ペソ、
人口 10、000、000人
人種 白人33%、混血50%、黒人27%
宗教 カトリック教


ドミニカ共和国、カリブ海(西インド諸島)の島々の中で二番めの大きさの島(サントドミンゴ島)の2/3を示しています。隣はハイチ国、フランスから独立した国であります。1492年にアメリカ大陸がコロンブスに発見された時は、サントドミンゴ島(当時ラ・イスパニョーラ島)がサン・サルバドル島(日本語訳=助け人)に次ぐ二番目に発見された島でした。しかし、その時船が難破し、その残骸で砦を作り、その日が12月25日だったため、“クリスマス砦”と名乗りました。そしてサントドミンゴ島はスペイン植民地になりアメリカ大陸の開拓の支店となりました。そのため現在でも当時の古い街並みが世界遺産として残っています。
 
ドミニカ共和国およびハイチで成り立つこの島は、コロンブスをはじめとするスペイン人が1492年12月5日に到着し、その風土が温暖なスペインの
それによく似ていることから、エスパニョーラ島と名づけられ、新世界最初のヨーロッパ植民地が置かれた。コロンブスが来る以前は「善良で高貴なる民族」を意味するタイノ族というインディヘナ(先住民)が住んでいたが、スペイン人により課せられた過酷な労働や生活環境の悪化により約50年の間に滅亡してしまい、今は存在しない。しかしながら現在でもこの国の主要な農産物であるユカ芋、とうもろこし、落花生、タバコなどはタイノ族が生活していたころから伝わるものである。また各地にタイノ族の壁画が残る洞窟がある。

壁画が残る洞窟
スペイン人はイスパニョーラ島を新大陸の探検の足がかりとし、その後中南米各地へと足を伸ばしていくが、サントドミンゴの旧市街には、新世界最初の病院、道路、教会、大聖堂などの歴史的な建造物が今でも残されている。またメキシコの銀などをスペインへ運ぶ運搬船の中継地の役割もあり、悪天候などによりカリブ海の底に沈んだ財宝船の探索なども1970年代より行われ、発見された物が展示されている博物館もある。

ドゥアルテ
その後フランスが島の西部から進入し、1697年にはスペインは島の西部をフランスに割譲することとなる。1795年のハイチの革命の間に、スペインはフランスにサントドミンゴ植民地を割譲、フランスはサントドミンゴを6年間に渡り統治したが、その後フアン・サンチェス・ラミレスの指揮の下に島の東部は再びスペイン統治となる。1822年にサントドミンゴは再びフランスから独立したハイチにより支配されたのち、1844年国父フアン・パブロ・ドゥアルテにより1844227日にドミニカ共和国として独立を果たす。

ドミニカ旗

その後国内で様々な立場の対立があり不安定な状態が続き、1861年から63年の間スペインへの再併合、復興戦争を経て再び共和国に戻る。1916年から24年までの間米軍による軍事介入、また1930年から1961年まで31年間にわたるトルヒーヨによる独裁政権、その後の内戦などを経て1966年からは4年ごとに行われる民主的な選挙により安定した政権が運営されている。

文化

ドミニカ共和国の文化はさまざまな国のが混じりあってできました。
コロンブスがアメリカを発見した時に、スペインの文化を持ってきて
その後奴隷として、つれてこられた、アフリカ系黒人の文化、そして、
原住民の文化。 これらが混じりあってドミニカの文化が生まれた。
にぎやかで、人懐っこい性格で、ありながら愛国心が強いです。
歴史をたどっても、支配から、独立した国であるので、そう考えられます。
音楽
音楽はメレンゲと踊りです、男女で踊るようになっています。メレ
ンゲはドミニカで生まれ、名前の依頼は食べ物のメレンゲそのも
のです、いろんな音楽が混じりあってできたからです。
リズムは、テンポの速いのが支流ですが、時と共にに変わって
来ています。 今では、ローテンポ、ロック、レゲー風もあります
 中米、南米でも良く踊られています。
メレンゲを演奏するには、三つの楽器があれば、どこでも演奏
できます。
太鼓: 片面を手でたたき、もう一方は棒でたたきリズムを取り
     ます。 欠かせない楽器です。(図中央)
ギュィーラ:鉄板に無数の穴をあき(すり大根器みたい)これを
     筒状にし、針金でで軽くこすって、シャキシャキ音を
     作ります。(図右)
アコーデオン:日本でも知っている、アコーデオンそのままです
     (図左)

TAMBORA

GUIRA