田畑ファーム スペシャル
Top Page Top Page Top Page Top Page Top Page Top Page Top Page

ハイチとの国境沿いにある田畑農園は、標高1200m〜1400m、地質は石灰岩と珊瑚礁の岩。過酷な自然環境の中でミネラルを十分に吸収して育ったコーヒー豆です。味はブルーマウンテンに近くコクがあり、シティーロースト以上で焙煎するとほどよい香りとフルーティーな甘味、酸味が引き出され、さわやかな味です。最初の一口はペパーミント。豆の大きさは、収穫量が極端に少ないためスクリーン15up以上の混合になります。アラビカ原種に最も近いティピカ種の特長が良く出ています。
*女性に大人気の味です。

シティーロースト(中煎り)

●生産量が非常に少ないため限定販売となります。
●焙煎豆は100gからとなります。焙煎はシティーロースト(中煎り)。
●生豆販売は10kgからとなります。価格はお問い合わせください。
田畑ファーム スペシャル

田畑物語
48年前、日本人移民としてドミニカに渡った田畑初さん(86歳鹿児島県出身)ドミニカ共和国とハイチとの国境沿いに位置するアグアネグラに田畑ファームがある。入植して間もないころ、ハイチ人から譲り受けた1本のコーヒーの苗を山の斜面に植えコーヒー園を育て上げた。しかしながらこれまでの苦悩は凄まじいもで、地獄のような生活だったと田畑さんは言います。現在も水道もなく雨水をためての生活、お風呂は五右衛門風呂、電話線すら開通していません。それでも田畑さんはコーヒー作りに命をかけ、魂のコーヒーが出来上がったのです。ここまでやってこれたのは家族のためと涙ながらに語ります。
そんな田畑さんのコーヒーを鹿児島の方々に飲んでいただきたいと今回、田畑ファームスペシャルが生まれました。
家族経営の小規模農家で年間の生産量も少ないですが、フルーツ系の酸味と香りを最大限に出し日本の皆様に古き良きアラビカ種の存在感を味わっていただきたかったからです。1週間程度で何とも表現しがたい甘い香りをかもし出します。山で取れたコーヒーチェリーそのものです。